いわゆる大通信時代の船頭に敬礼

 

 昨日、某携帯電話大手事業者で通信障害が起きたらしく、今朝、それに関する報道がなされていた。これが10年前ならどうだったのだろうか、思い出そうとしても思い出せないのは、私の過去に対しての通信が途切れがちな証拠である。いわゆる、記憶力低下。アップデートしたいが、その方法は見つからない。

 スマートフォンを使う以上、明日は我が身だろう。しかし書店に行けば、各都道府県の地図も販売されている。通信が途絶えると何も出来ない訳ではない。アプリで使っている機能だって元々、商店街や量販店などで手に入る商品でまかなえていたはずである。地図、電卓、メモ帳、絵の具、CDプレーヤー、ラジオ、懐中電灯...。通信が途切れても、生きている世界は途切れることがない。

 

 そんな風に言いながら、この記事はノートPCで書いているし、耳をふさいでいるイヤフォンから流れてくる音楽は、純然たるspotify提供である。見事に裏切っているが、恥じる必要はないと思っている。フェーズごとに必要なツールを使う、ただそれが全てではないことを意識しながら。私の勝手なモットーの一つである。

 何事も一面で構成されているとは思わない。両面、あるいは多面であることに面白みを感じながら、時には操られてみたり、また時には背を向けてみたり、「面」と向き合うのをふざけているだけである。こういう姿勢で構えていると、真っ直ぐな人達からは反感を買うこともあるが、それもそのフェーズで起こり得る事象であって、何も恐れることはないだろう。

 

 LED ZEPPELIN「STAIRWAY TO HEAVEN」が流れてきた。20代の頃、『Ⅳ』を持っていてよく聴いていたのを思い出す。少しだけ、私の通信が復旧してきたようだ。

 過去を振り返ることは、多少の時間であれば刺激的だが、ずっとそこに浸っているとふやけてしまいかねない。懐かしい音楽を聴いて思い出す風景、気持ちがあることを誇りに思い、行く先を定めて動くべきだろう。

 

 さて、通信障害。

 いづれ、通信障害が自然災害のように語られるようになるのかもしれない。それほどまでに通信は生活に欠かせない存在であり、便利さや効率性、確実な処理をもたらしてくれる、かけがえのない相棒ともなった。

 相棒がいないと何もできない。それは依存でしかない。

 相棒がいれば生活が華やかになる。相棒がいたから、ピンチも切り抜けられた。

 

 大変な時代だから、相棒とともに共闘して日々の苦難を乗り越えたい。

 たまには相棒を置いて、書店で手に入れた地図を片手に、見知らぬ街を歩くのも面白い。液晶画面に映らない、ICチップの向こう側の景色。補正された色彩は美しいかもしれない。しかし、粗のない世界などあるのだろうか。

 補正された画像に慣れた目は、粗さがしで血眼になっていないだろうか。

 完全な通信などありえない。創造したヒト自体、完全ではない。おそらく。

 

 今朝の報道で、待ち合わせていた人が連絡も取れない中、無事に再開した喜びを分かち合っている場面が印象的だった。

 人と人が会うって、実は凄いことだと思う。今や、時間も場所もすぐに指定できるし、動きながらお互いの居場所も確認できる。でも、それは完全ではないが故に、完全に近づけさせようとしたヒトの努力の証なのだ。それが通信というカタチに現れている。

 

 何を書きたかったか分からなくなったが、おそらくこれも私の通信障害で、これからも通信を、それに関わる多くの人達に感謝と声援を、心のうちから送り続けたいと思う。

冷たく透き通った冬の風に

 

 すっかりデジタル化されている、私の日常は留まることを忘れてさらにデジタル化されています。もう、すっかりって感じで加速している次第で、20代の頃に「文明の利器などクソくらえ!」と、周囲の機器へ嫌悪の眼差しを向けていた、頑なな若者と同じ人間とは思えないくらい。

 

 そんな訳でもっぱら最近、音楽はspotify利用している。プレミアムプランに切り替えるほどではないけれど、CDやダウンロードだと自分の嗜好が直線的に反映されるから、好きな音楽だけ聴くことができる反面、いつも同じアーティストの曲を聴くことで飽きてしまう、しばらく聴かなくてもよくなってしまうという悪循環が生まれて、新鮮さや聴きたいと思う情動が鈍ってしまうようだ。

 個人的な相性の話でしかないけれど、一つの手法、指向に拘ることを手放してみると、意外と好転することもあるらしい。小難しいこと抜きにしても、spotifyは退屈しない(なんか、ステマみたいだ)。

 

 投資対象ではないけれど、暗号通貨(暗号資産)に興味を持ち、小数点以下で積み立てるように買い始めている。よりによって、急落が続いているタイミングにどうしたものかと思いつつ、不勉強であることが幸いして順調に、不規則に買い増している。

 ブロックチェーン技術がどのようなものか詳しくないが、法定通貨が国家間の境界に縛られて為替手数料などが生じる現状が変化するのだろうかと、淡い泡ぶくみたいな期待を抱いてしまう。不勉強であるとは、可能性を創造することなのである。だがしかし、もし法定通貨が消滅した場合、暗号資産の資産価値をどう証明するのだろうか?それは考えたくない。

 考えることは面白い。突拍子もない理屈だろうが、捻り出せるだけで有難いものである。

 

 今、生き生きしている。不思議なほどに。

 忘れたい過去がいっそアプリであったならば、いつでもアンインストールできたろうに。

 それができないことが、ヒトであることの宿縁かと思うと「なにくそ!」と思う。

 そんなものにいつまでしがみついている?

 忘れられないのではなく、存外、私自身が手放したくないだけではないか。

 

 過去が現在の価値を定めるという、空気とともに吸い込んできた認識は錯覚ではなかったか。

 現在の価値を未来から定めることは不可能だろうか。不可能と断じることは未来を閉じてしまわないか。

 未来に思い描く理想から逆算して、現在の価値を求めた場合、現在の価値を高めることが未来の価値をも高められないだろうか。「y=x」ではないから必ずしも、そう単純に運ばないだろうけれど。

 

 ああ、吾輩は空腹である。この時間に空腹になるなんて、書き始めたときは予想してもいなかったな。う~、蕎麦でも食べようか。寒いし。

 

 

 

 

端末魔の叫び at November

 

 2018年も、もう残り2か月。過ぎたことを振り返るのは建設的とは言えないけれど、ついつい忘れてついつい振り返ってみれば、今年ほど波乱に富んだ?一年はなかったはず。

 大手キャリア携帯会社を解約して感じるのは、「大手キャリアでないと保証されないサービス」が多いこと。それは永年の企業努力と言えなくもないけれど、可能性を制限していたようにも感じる。「二年縛り」「四年縛り」と通信事業者に縛られることが問題視されながら、もっと大雑把に言えば通信に縛られる生活には誰も異を唱えない。

 この記事も、そういう緊縛状態で書いているのだ。実に鮮やかに証明されている。

 

f:id:ume8yang:20181101200335j:plain

 

 私は、空気椅子できるほどに下肢が丈夫ではない。むしろ、下肢が弱いから数年前に痔を発症したのではないか。腰部から下腹、および下肢の血流が最悪なのだと思う。痔核はあるが自覚はない。

 

f:id:ume8yang:20181101200706j:plain

 

 下品なダジャレはトイレに流すとして、仕事の影響からなのか、手元の端末が増えている。SIMロック解除するの忘れた、今話題?のiphone SE(キャリア時代最後の品)とか。人生初のMVNOで申し込んだHUAWEIの端末とか、Payアプリのために購入したHTCとか。物欲の権化としか言いようのない、今の姿を30年後の私が見たら、誰だか分からないと思う。

 新しい端末を手に入れると楽しい。まるで新しいゲームソフトを手に入れ電源を入れた時のように、設定とか仕様とかを確かめては至福を噛みしめている。幼いころ、「30回は噛みなさい」と言われていたっけ(実際にやると顎がつる)。

 

f:id:ume8yang:20181101201837j:plain

 

 絵が寝ているのは、私が睡魔に襲われているのを見かねて代わりに寝ようとしているだけで、他意も悪意もない。こうやって、自分が描いたイラストと心が通った瞬間にも至福は感じられる。

 スマホ疲れやSNS離れが注目を浴びているらしい。注目というのは趣が異なるのだろうが。

 一時期、LINEに熱中していた時期があったけれど、今思い返すと非常に疲れるものだった(別に、そのアプリ自体を非難するのではなく、個人的な使い方の問題)。相手にも迷惑をかけていたと反省している。

 

 その反動かもしれないけれど、今はもっとゆったり、スローハンド(ERIC CLAPTON?)に送受信できるものを探している。そう考えると、メールっていいなと思う。じっくり文章を考えられるし、写真も添付でき、なおかつSNSよりもオフィシャルな感じもあるので、相手との関係性で文章の雰囲気を上手く調整できてしまう。長文はしんどいが。

 SNSに疲れる原因について夢の中で探してきて感じたのは、デジタルながらも相手のパーソナルスペースを侵害しやすいからではないか。デジタルであるが故に、か。

 

f:id:ume8yang:20181101203956j:plain

 

 相変わらず、私の気分を忖度するイラストだ。ここまでくると、頬を赤らめてしまう。

 私のパーソナルスペースを徐々に埋め尽くす、読む前にどんどん増えていく書籍と、好奇心が膨らむたびに増える端末、それからその中央に君臨する神々しい布団。今年こそは「断捨離」で部屋の荷物を減らし、来たるべき何かに備えようとしていたのに。

 

 あゝ、私の生活は欲望に満たされてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

誰のための便利なのか

 

 会社の健康診断を予約するのも、読まなくなった書籍買取の集荷依頼も、そのほかにも私が知らないところで暗躍しているであろう、あるいは活躍しているQRコード。誤って、QPコードなんて入力しようものなら、マヨネーズが届いてしまうかもしれないアレ。

 今や、買い物でさえもアレでできてしまうというから、QRの侵略といった方が正しいのかもしれない。ちなみに、そういうアプリをスマーフォに入れ~てるけど、まだ使ったことはない。スマーフォ持た~ずに出か~けることも多く、もはや目的を見失っている次第...。面目な~い。

 

 こういう時代を迎えられたのは、戦後日本の経済や社会、文化を担って支えてきた人達がいて、でもその人達も還暦を迎えたり、あるいはもう過ぎていたりして、日常生活に不便を感じることが多く、その中で苛立ちや不満を感じることも多いように思う。

 それまでできていた、当たり前の所作さえもできないということは想像以上に、苦痛だ。そしてその苦痛をうまく伝えられないのならば、内側に言い表しようのない鬱憤も溜まる。それは、もしかしたら現代を生きる人間誰しもが抱える、「毒」なのかもしれない。

 便利さは諸刃の剣で、便利であるが故に便利で在らざるを得ない側面を感じさせる。

 

 少し評論家めいた記述を並べてみたけれど、私は普通のアレである。アレだからという訳ではないが、アレとしてもう少し自覚をもって励みたいと願う。

 そのアレがどれかはもう少し慎重に見極める必要があるし、アレについて述べることが地球に対し、どの程度影響をもたらすかそれは誰かが計算するだろうし、計算しないかもしれない。

 そうこう言う裡(うち)に、アレでなくとも構わないと思うに至り、今はただ、懺悔な毎日である。ザンゲ~ザンゲ~と、膝を曲げ腰を折り、翼を広げて祈っている姿は、誰にも見せられない機密情報である。

 

 怒りは煮え滾る毒。それは外へ向かう。何故なら、自身で抱えるには熱いから。

 妬みは甘美な毒。それは内に溜まる。何故なら、その甘さが己を満たすから。

 

 追伸。若いころ聴いていた時よりも、今聴く方がSLIPKNOTのよさに気づきます。

 

 

 

飽和した日常の先に見つけたスルメイカ

 

 小さなメモ帳がなくなり、このブログ上に載せてきた、弛緩したイラストが描けなくなっているけれど、忘れなければ仕事帰りに買ってこよう。と、今までに何回も思ってきたはずなのに、いつも忘れてしまう。

 でも、忘れることは善いことだと思う。勿論、忘れていいものに限っては、という意味で。

 何かの何かで読んだけれど、忘れることは生命活動にとって、無益なもの、必要ないものを淘汰していく過程であるとか、今となっては読んだかどうかも定かではない。私自身の記憶が捏造されているとすれば、捏造した記憶も忘れてしまいたい。

 何もかも記憶して生きるなんて、その方が残酷だろう。忘れたい風景や言葉、態度さえも忘れられないなんて、それはどんな罰なのかとも思う。ただ、もし隣にすべてを記憶している人がいるなら、それはそれで善いのかな。忘れて苦しむことも、忘れられずに苦しむことも、この世界に散りばめられた破片のようなもの。

 せめて皮膚を切らない程度に、受け容れたっていいように感じる。

 

 秋の空気は嫌いだ。でも、湿気も花粉もなく程好い,肌触りが好きでもある。

 忘れた景色が、ふっと目の前を覆う。その景色が好い景色か、悪い景色か分からないけれど、思い出すことで辛うじて生きているようにも感じてならない。好い景色なら箸休め、悪い景色なら箸休め、って結局は箸休め。それくらいが丁度いい。

 

 凄く好きで、朝も晩もそれに関わっていることが幸せなことがあるとして、何かの理由でそれを嫌いになっても、それはそのものを嫌ったわけではなく、因果で生じた歪みなのである。なにも変わってはいない、少しくらい距離を置いたところできっと、「何やかんや、ずっと想っているじゃん」ってなるだろうし。

 

 忘れなければどうにでもなる。忘れてもどうにかなる。

 なぜなら地球は丸いから。

 

 

 

 

あの日のこの気持ちその瞬間にどんな塩梅で

 

 個人情報保護士認定試験、受けてきました。

 試験は受けることに意義がある、だから結果なんて気にするなというモットーを胸に抱き、駒場東大前駅で下車。内心、ガラスのハートはグシャグシャでした。というか、グシャグシャにしてやりました。

 駅から外に出てたら、まあ、あまりの好天で。試験など忘れてどこかピクニークに行こうかーなんて、そういう柄ではないけれど。そういう気持ちが過ったことは、夜汽車のみ知る秘密でございましょう。

 

 結果、どうなんでしょうね(あまりに他人事すぎるか)。

 命まで取られるわけではないし、来月には分かることだから放置しておきます。きっと忘れた頃に、カラスが鳴いて思い出すのかもしれません、ええ。

 

 それはさておき。

 数時間後には一念発起して購入した(悪魔の分割払い…)ノートパソコンが届くので、これから暫くは生活が華やぐだろう。仕事も面白くなってきて、生活の方も華やいだりしたら、夜道で豆腐の角に頭をぶつけてしまわないかと、不安で仕方ない。

 豆腐が落ちている夜道に出会う事が、そもそも無いんだけど。

 

 さてと、新たなデバイスを迎える準備をしよう。

 

f:id:ume8yang:20180909150220j:image

 

 それにしても、読みたい本ばかりが増えていって、半ばフリーズ状態だ…。

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

 

 

数学嫌いの数学好きな文系人間

 

 私は、根っからの文系一派である。

 思い返すと、小学生の頃に図書室でコナンドイル著『踊る人形』を借りて読んだ時から、私の文系生活が始まったと言えなくなくなくもない。

 何もしなければ、何もない。それが人生であると思うし、ではそれが全て否定的なものかと言うと、決してそう言うことではないと思う。何かしなければならないとすれば、何かしなければならないと思うからで、必ず何かがあるわけでもない。

 肯定しているのか、否定しているのか最早、分からなくなっている。

 

 そういえば最近、数学の本を読む機会が増えている。いきなり?

 数学とかいうとインテリ源ちゃんに思えてならないのは、文系人間が抱える永遠の謎、いわゆる、理系コンプレックスだろうか。コンプレックスって複雑系とか訳したはずだけど、理系複雑系って言葉が、複雑怪奇である。

 「理系」というフォルダの中の「複雑系」というフォルダを指しているのか。もう、この文章自体が複雑すぎて把握できない。

 

 数学の参考書を読むと、数字とアルファベットと記号が並んでいて、だからパスワードって数字やアルファベット、記号の羅列で構成されているのだと納得させられる。

 納得はするが、理解はしていない。理解してはいないが、納得してしまえる器量はある。

 

 曖昧模糊とした東洋医学の世界を、数式や記号の配列で解明、あるいは共有することができれば、少しは善くなるのかも知れない。鍼灸の現場から離れたことを、今となっては後悔していないが、そこから離れたときに東洋医学の声が聞こえないこと、それが一番寂しい。

 限られた空間でしか共有されない、まるで門外漢はお断りと言わんばかりの狭い世界の物語みたいに。でも、東洋医学と区切ってしまうからそう思えるだけで、これは太古のヒトが生み出した文字であり、記号の配列なのである。

 

 分かれていると見えるなら分かれていようが、分かれていなければならないことはない。

 肯定も否定もないというのは、果たして肯定だろうか?それとも否定だろうか?

 

 正直、どっちだっていいじゃないかというのが、私の信念です。もう、元も子もない。

 

 古くからの中医学、伝統的な鍼灸医学がもっと強く広く根付くためには、もしかしたら治療と経営が陰と陽みたいに、付かず離れずであることがいいのかも知れない。

 鍼灸師は治療に専念し、経営は経営者に任せる。しかしながら、底流には必ず同じ想い、信念が流れていなければならない。あるいは、鍼灸院の財務や経営の部分は鍼灸師が携わるべきではない。

 院の存続が個人の生活の基盤となる以上、無理もできないし、否が応でも利益を見なければならなくなる。「経営とはそういうもの」かも知れない、それならばなぜ、最初から経営者を目指さずに鍼灸師になったのだろう。

 

 仮に鍼灸医学がボランティア、無償となっても構わないと思っている。むしろ、そうあってほしいという願いもある。そのためには、それで鍼灸師が生活するに足りるバックアップがなければならない。でなければ、単なる自殺行為にしかならないから。

 それで保険は高額な、高度な医療に向けたほうがいい。高度な医療がもっと普及しなければ、経済的損失や世帯当たりの負担は膨れ上がるだけではないか。

 

 あ、すごい熱弁。そして長文、それからおやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

見切りと区切りを足したらそこにキリギリス

 

 久しぶりに、ダンシャリした。

 漢字で書くと生真面目な印象にハマってしまうので、取り敢えず、カタカナに替えてみる。 うん、こっちの方が柔らかい。と言っても、主観に過ぎない。

 某MVNOに切り替えてから数ヶ月経ち、本当はその時点でキャリア解約できれば良かったのだが、大人の事情、ヒーロー参上など諸々の事情が重なり、押し合いへし合いで先延ばしにされていた。

 

 そして、今日。ようやくキャリア解約に踏み切った。

 確かに、安定した盤石の通信網などは現代生活には欠かせない、個人レベルでの重要インフラだろうけれど、料金体系が分かり難くもあった。ましてやMVNOについて色々調べ始め、実際に契約した頃からは尚更、長年使ってきたのに知らないこと、見えないことが多く、モヤモヤし始めていた。

 勿論、自身の不勉強、無理解と言った要因もあるはずだが、そこは棚上げしておこう。

 

 解約前に契約内容を確認したところ、十数年と数ヶ月(ここまでマスキングしたら書く意味あるのか?)、キャリア契約していたらしい。その間、ずっと同じキャリアを使っていたが、信念や愛情という殊勝なものではなく、兎に角、手続が面倒だったからに過ぎない。

 生粋の面倒臭がり屋としての矜持にかけて、面倒な手続には立ち向かう気など、さらさらなかった。こっちには信念があるし、むしろ、信念しかないと断言できる。

 

 生まれて手にした携帯電話はTu-Kaだった。

 

 f:id:ume8yang:20180810145115j:image

 

 今ではスマートフォンが当たり前で、ガラケーでさえも古いといわれてしまうけれど、まだ20年も経っていない。私が高校生の頃、もう20年くらい前で、同級生が持つPHSでさえもすごい代物だったと覚えている。

 私の携帯電話キャリアは大手キャリアと共にあったが、そういうダジャレでさえも冷やすことのできない猛暑に解約を決意したとか、しないとか。

 手続はあっという間に終わった。実際にはあっという以上に、返事をしたり話した言葉はあったけれど、コンプライアンス上の理由から「あっという間」ということにしたい。

 

 さて、キャリア端末の充電が終わったら初期化して売るか、リサイクルに出すか、リサイタルを開くか考えなければ。

 動作確認が取れていればSIMを差して使えるが、iPhoneのAPN設定はプロファイルのインストールとかいって、少し面倒なので下取りに出すのがいいかも知れない。

 

 その前に、昼寝でもしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホラマタアツイナツガキタ

 

 熱を乗せて

 

 風は今日も

 

 大地を走る

 

 熱は喜ぶ

 

 熱い身体を

 

 冷ます風の

 

 優しさに

 

 風は喜ぶ

 

 冷めた心を

 

 温める熱の

 

 力強さに

 

 お互い憎んでも

 

 マイナスとマイナスを

 

 かけるようには

 

 いかないものさ

 

 それならいっそ

 

 プラスとプラスを

 

 かけてみよう

 

 それはつまり

 

 お裾分け

 

 それからたぶん

 

 痛み分け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見上げれば空 見下げれば土

 

  浮いては沈み

 

  沈んでは浮かぶ

 

  ぷかぷかぷかぷか

 

  何も聞こえない

 

  何も言わない

 

  それでも聞こえる

 

  赤い大地

 

  青い空

 

  絡まる中点で

 

  波打つ鼓動に

 

  息を潜める

 

  肉体から離れていく

 

  彩色の放物線を

 

  見守りながら

 

  私は私ではなくなる

 

  いつからだろうと

 

  思い出そうとしても

 

  何一つ思い出せない

 

  私は私を失いながら

 

  色褪せた放物線から

 

  色鮮やかな放物線を

 

  歩み出して逝く

 

  徐々に朽ちて逝く

 

  螺旋は生々流転

 

  生老病死の波を

 

  泳ぎ渡る先に

 

  咲く彼岸花

 

  悲願なら散らすな

 

  此岸にて志願せよと

 

  花が微笑むように

 

  ほら朝日が

 

  生命の扉を叩いている