誰のための便利なのか

 

 会社の健康診断を予約するのも、読まなくなった書籍買取の集荷依頼も、そのほかにも私が知らないところで暗躍しているであろう、あるいは活躍しているQRコード。誤って、QPコードなんて入力しようものなら、マヨネーズが届いてしまうかもしれないアレ。

 今や、買い物でさえもアレでできてしまうというから、QRの侵略といった方が正しいのかもしれない。ちなみに、そういうアプリをスマーフォに入れ~てるけど、まだ使ったことはない。スマーフォ持た~ずに出か~けることも多く、もはや目的を見失っている次第...。面目な~い。

 

 こういう時代を迎えられたのは、戦後日本の経済や社会、文化を担って支えてきた人達がいて、でもその人達も還暦を迎えたり、あるいはもう過ぎていたりして、日常生活に不便を感じることが多く、その中で苛立ちや不満を感じることも多いように思う。

 それまでできていた、当たり前の所作さえもできないということは想像以上に、苦痛だ。そしてその苦痛をうまく伝えられないのならば、内側に言い表しようのない鬱憤も溜まる。それは、もしかしたら現代を生きる人間誰しもが抱える、「毒」なのかもしれない。

 便利さは諸刃の剣で、便利であるが故に便利で在らざるを得ない側面を感じさせる。

 

 少し評論家めいた記述を並べてみたけれど、私は普通のアレである。アレだからという訳ではないが、アレとしてもう少し自覚をもって励みたいと願う。

 そのアレがどれかはもう少し慎重に見極める必要があるし、アレについて述べることが地球に対し、どの程度影響をもたらすかそれは誰かが計算するだろうし、計算しないかもしれない。

 そうこう言う裡(うち)に、アレでなくとも構わないと思うに至り、今はただ、懺悔な毎日である。ザンゲ~ザンゲ~と、膝を曲げ腰を折り、翼を広げて祈っている姿は、誰にも見せられない機密情報である。

 

 怒りは煮え滾る毒。それは外へ向かう。何故なら、自身で抱えるには熱いから。

 妬みは甘美な毒。それは内に溜まる。何故なら、その甘さが己を満たすから。

 

 追伸。若いころ聴いていた時よりも、今聴く方がSLIPKNOTのよさに気づきます。