見切りと区切りを足したらそこにキリギリス

 

 久しぶりに、ダンシャリした。

 漢字で書くと生真面目な印象にハマってしまうので、取り敢えず、カタカナに替えてみる。 うん、こっちの方が柔らかい。と言っても、主観に過ぎない。

 某MVNOに切り替えてから数ヶ月経ち、本当はその時点でキャリア解約できれば良かったのだが、大人の事情、ヒーロー参上など諸々の事情が重なり、押し合いへし合いで先延ばしにされていた。

 

 そして、今日。ようやくキャリア解約に踏み切った。

 確かに、安定した盤石の通信網などは現代生活には欠かせない、個人レベルでの重要インフラだろうけれど、料金体系が分かり難くもあった。ましてやMVNOについて色々調べ始め、実際に契約した頃からは尚更、長年使ってきたのに知らないこと、見えないことが多く、モヤモヤし始めていた。

 勿論、自身の不勉強、無理解と言った要因もあるはずだが、そこは棚上げしておこう。

 

 解約前に契約内容を確認したところ、十数年と数ヶ月(ここまでマスキングしたら書く意味あるのか?)、キャリア契約していたらしい。その間、ずっと同じキャリアを使っていたが、信念や愛情という殊勝なものではなく、兎に角、手続が面倒だったからに過ぎない。

 生粋の面倒臭がり屋としての矜持にかけて、面倒な手続には立ち向かう気など、さらさらなかった。こっちには信念があるし、むしろ、信念しかないと断言できる。

 

 生まれて手にした携帯電話はTu-Kaだった。

 

 f:id:ume8yang:20180810145115j:image

 

 今ではスマートフォンが当たり前で、ガラケーでさえも古いといわれてしまうけれど、まだ20年も経っていない。私が高校生の頃、もう20年くらい前で、同級生が持つPHSでさえもすごい代物だったと覚えている。

 私の携帯電話キャリアは大手キャリアと共にあったが、そういうダジャレでさえも冷やすことのできない猛暑に解約を決意したとか、しないとか。

 手続はあっという間に終わった。実際にはあっという以上に、返事をしたり話した言葉はあったけれど、コンプライアンス上の理由から「あっという間」ということにしたい。

 

 さて、キャリア端末の充電が終わったら初期化して売るか、リサイクルに出すか、リサイタルを開くか考えなければ。

 動作確認が取れていればSIMを差して使えるが、iPhoneのAPN設定はプロファイルのインストールとかいって、少し面倒なので下取りに出すのがいいかも知れない。

 

 その前に、昼寝でもしよう。