見上げれば空 見下げれば土

 

  浮いては沈み

 

  沈んでは浮かぶ

 

  ぷかぷかぷかぷか

 

  何も聞こえない

 

  何も言わない

 

  それでも聞こえる

 

  赤い大地

 

  青い空

 

  絡まる中点で

 

  波打つ鼓動に

 

  息を潜める

 

  肉体から離れていく

 

  彩色の放物線を

 

  見守りながら

 

  私は私ではなくなる

 

  いつからだろうと

 

  思い出そうとしても

 

  何一つ思い出せない

 

  私は私を失いながら

 

  色褪せた放物線から

 

  色鮮やかな放物線を

 

  歩み出して逝く

 

  徐々に朽ちて逝く

 

  螺旋は生々流転

 

  生老病死の波を

 

  泳ぎ渡る先に

 

  咲く彼岸花

 

  悲願なら散らすな

 

  此岸にて志願せよと

 

  花が微笑むように

 

  ほら朝日が

 

  生命の扉を叩いている