混沌丸出し人生 其の十

 

 専門学校は、中央区八丁堀にありました。片岡鶴太郎さんや村上弘明さんが出演していた、『八丁堀の七人』で有名な、あの八丁堀です。

 もしかしたら、『八丁堀の七人』の方が有名ではないかもしれないので、少し補足すると、テレビ朝日で昔、放送されていた時代劇です。ええ、最後の数分間は切った張った、張った破ったが当たり前の、痛快江戸寸劇サスペンスアクション、です。

 

 物語の構成順に並び替えたら、江戸サスペンス痛快アクション寸劇でしょう。

 七人の方はさておき。

 

 専門学校での生活は、十数年ぶりの学生ということで戸惑い、最初は息を潜めて隠密さながらに、慎ましく生きていこうと誓っていたのですが、そこは八丁堀。

 すぐに素性が割れました。隠密でも、あんみつでもないと知られると、話す相手が増えたのです。

 ましてや、当時は煙草を吸っており、喫煙所に入り浸っていたため、リラックスしたついでに口が滑り、正体がバレたのです(その後、煙草には飽きたので禁煙成功しました)。

 

 さて、午前中は鍼灸学生、午後は某カード会社でアルバイト、日によっては従兄弟の整骨院を手伝ったりと、 三足のわらじを履いて、過ごした歳月は大変でした。

 大変でしたが、得るものと失うもの、総じて得たものは計り知れない。

 

 時に得たものだけをポジティヴに捉える世界で、失うということは負ではなく、マイナスがプラスされたという見方で、人生においては貴重な財産と言えるのです。

 どんなものでもそのベクトルを操作すれば、価値が含む価値は、絶えず変化し続けると思いませんか?

 

 独り語りに疲れたら、たまには問い掛けたりもします。

 さて、今回で終わりにしようと考えていたのに、気ままに書いていたら、終着駅を乗り過ごしました。どうやら、銀河系を彷徨っているみたいです。

 

 ということで、次回で終わることを祈りましょう。