混沌丸出し人生 其の九

 

 椅子に座り、画面に浮かぶ文字や数字と挨拶を交わす毎日。本当に挨拶していたら、奇人変人と言われていたことでしょう。

 

 歳月を経るごとに「事務」が「激務」と化し、それに伴い、数年後には心身も疲弊していき、倦怠感や苛立ち、睡眠障害も目立つようになりました。夜中、目が醒めるとイライラしてしばらく、眠れませんでしたね。一度だけ、不整脈らしいのも経験しました。

 それでも、変わることなく高額な医療費を背負っていたから、それ以上の通院を避けたくて、医者へ相談することはありませんでした。

 

 仮に、一日通院に費やせば、その日稼げる給料(時給生活でしたから)がなくなります。そして、一回で終わればまだしも、そこから新たに定期的な通院が必要となれば、最悪、より時給が高い仕事を探さないとならないし、選べる範囲が事務系だけではそれも難しかったのです。

 

 そんな葛藤を抱えていれば、精神衛生上、かなり悪いものであったことは分かるでしょう。

 ええ、例の悪循環登場です。悪循環の祟りかと見間違うほど、悪循環が絶好調でした。

 

 ところが、そんな、悪循環最高潮の頃に転機が訪れました。コン、コンと扉を叩いて。

 悪質な勧誘とかなら、居留守を使おうかとも思いましたが、それは身近なところから転がり込んできました。ええ、そうです。誰も、何も叩いていませんでした。

 

 鍼灸師の従兄弟から、鍼灸師目指したら?、と言われたのです。

 

 あまりに唐突な展開で申し訳ありませんが、思い出せる限りの、当時の言葉を繋ぎ合わせたら、そうなりました。多分、もっと色々と話していたのでしょうが、最近は記憶力が倦怠期で。

 

 話を聞いているうちに、自分にとって都合のいい部分だけが輝き、お先真っ暗と諦めていた人生に、一つの光明が灯ったようでした。

 そこで少しばかり、自分でも鍼灸というものをググって調べてみて、面白そうだし、やれそうな気がすると、直感的に閃きました。当時はAndroidを使っていたんですね。

 

 数年前に死んだはずの、あの霊感が雄叫びを挙げたかどうか、定かではありませんけど、心の底から湧き上がる何かを感じたのは確か。

 三十路という交差点に差し掛かる直前で、自分でも不思議なくらい、衝動的に動いたのを覚えています。その交差点まで行っていたら、悪魔に魂を売っていたかもしれない。

 

 悪魔に魂を売っても、儲かる保証はないのだから、今そこで動いた方がマシだろう。そういう感覚が強かったと思います。

 

 続きはまた次回。そろそろ、佳境でしょうか?