一月も半ば過ぎてパックリhalf moonコンニチハ

 

 f:id:ume8yang:20180120233421j:image

 

 年末年始の浪費の傷痕がまだ癒えていない。浪費といえば、心の何処かに隙間風が吹くような、悪しき習慣のような印象で、それを意識するとまた、傷口が拡がりそう。

 消費と浪費の境界線は何なのか?

 

 恐らく、最低限の生活に必要か否か、という事だろう。

 しかし、それを理解したところで迅速に改善できる命題でもなく、浪費人間となってしまった己の不甲斐なさ、意気地無さ、甲斐性のなさと三拍子が揃い、いわゆるNASAも真っ青だ。

 

 最近、一時代を築いてきた人達が、それぞれの事情から引退している。

 或いは、引退のみならず、訃報として接することも。生きて去るのが引退ならば、死して去る引退が訃報かもしれない。どちらも根は同じだと感じる。

 悲しいとか悔しいとか、そういう想いを抱くことはあっても、そこに踏み止まるほど意思が強くない。脆弱な、自分の意思に悲しくなる。

 

 この記事は取り留めもない、脳内を流れてくる言葉を文字に表している。

 回転寿司で皿が流れてくるのを、手に取り食べるのと同じ。面白いのは、回転寿司もまた、消費、浪費の雛型に見えてくること。

 世界を流れてくるあらゆる事象を、我々は様々な形、方法で受け取り、それを次から次へと消費していく。

 

 資本主義は、人間の生命活動に消費という風を吹き込んだ。それが善いか悪いかは、各場面ごとに異なるだろう。しかし、いつも善か悪かで判断するのは、悪しき風潮だと思うが、判断が求められる場面は多い。

 

 太古の昔、言葉が無かった頃はどうだったのだろう。

 パンドラの箱に入っていたのは、もしかして言葉では無かったか。言葉を得たために、人間は表現を覚えた。表現するが故に、ヒトは他の生物と差別化を図ってきた。

 進化、進化と言っているのは、実はそんな差別化のことかもしれない。本当はまだ、類人猿のままなのに、「進化」だと思っている差別化により、他より優れていると錯覚しているのだ。

 

 ああ、哀れなり、人間は。

 

 

 

 

 

thanks for 国民皆保険制度

 

 時には真剣な話を書こうと思う。

 そう言うと、書いてるこちらが緊張してしまう。交感神経が緊張し、血圧も血糖値も上がりそうだからこれくらいにしたいところ、本日はなんと年に一回の、緊張40%オフの大バーゲンの日だとか。

 ということで、官能的に震える指先に力を込め、官能的に書いていきたい。

 

 さて、日本の社会保障費が、ついに42兆円を超えたとか、そろそろ超えるとか。

 その数字を日本の人口で割ると、相当な個人負債を叩き出す。仮に人口1億人としても、兆は億の1000倍だから、それだけで考えるのを止めたくなる。否、止めました。

 その影響は、早くも高齢者の負担割合増しとなって現れており、それでも賄いきれない場合、やがては現役世代も3割負担からドンドン増えるんじゃないかと、不安症な私は懸念している。

 

 私事で恐縮のしようもないが、あえて恐縮するならば、I型糖尿病でほぼ毎月通院していて、診療や検査など諸々込みで点数が2300前後、3割負担だから支払は7000円前後となる。毎月一度通うだけで年間およそ8万円、さらにそこへ薬局での支払も加わるので10万円超えることは屁でもない。

  f:id:ume8yang:20180114125552j:image

 

 今は中止しているが、かつて受療していた性腺機能低下症の診療では、3ヶ月に一度くらいで通っていたけれど、一回の支払が平均4〜5万円。それでも3割負担だった。もし10割負担だったらいくらか、と想像するのさえおぞましい。だから想像しないことを選びました。

 

 しかしながら、現代では高度な医療を受けるため、または難病指定されたため、高額な負担を強いられている人達、家庭は多く、その中で国民皆保険制度はその支えになっていると信じたいし、事実、そうであると思う。

 

 物価は上昇するのに給料は上がらない、そういう世の中でさらなる負担を強いられるなんて、ストレス過多になるのは否めない。むしろ、ストレス過多で何が悪いと言いたくなる。

 隠す必要のないストレスも、周囲の人達が表に出さないから隠して、積もり積もって体調を崩すのは自分自身。でも、それを認めるのさえ許せなくてまたストレス抱えて。

 ストレス過多ですって自慢したっていいんじゃない?身体がしんどくなるくらい頑張ってますって、声を挙げることは悪かな?

 

 本来、後生大事に抱えなきゃならないのは命でしょうに。本当に守らなきゃならないのは、ストレスではなくて個々の鼓動でしょうに。

 ツラい時にはツラいという、楽しいときには声をあげて笑う、静かにしたい時は静かな場所を探し移る。それは誰かの承認を得ることではない。

 

 勝手に熱くなりまして、申し訳ない。この謝罪だって本来、不要。

 書いている内容がとっ散らかってきたし、血糖値が下がってきたので食事してきます。途中から社会保障費の話、飛びましたね。

 

 

 

 

ブルーズの洗礼に飛び散った先例

 

 ROBERT JOHNSON,MUDDY WATERS,HOWLIN’ WOLF,ALBERT KING,ALBERT COLLINS,MAGIC SAM,LIGHTNIN’ HOPKINS,………。

 好きなブルーズの巨人達を挙げれば、枚挙に暇が無くなり、膨大な文字数を消費しなければならない。日頃、文字数を大量消費しているのに、何を今更言うかと思う。

 

 時々、どうしてブルーズを好きになったのだろうと考える。

 分かるわけがない。理屈で好きになったんではないし、好きになるために理屈を用意しなければならないなら、それだけで嫌いになれそうだ。否、嫌いになってやる!

 

 最近は好い音楽が巷に溢れていて、聞こえてくると感動することも多い。心を動かされるものの、音源を手に入れたいと思えるものは稀で、何というか、整い過ぎている。確かに、音響技術の発展はめざましく、おそらく半世紀くらいの間に激変したんじゃなかろうか。

 

 整っているということは、違和感を感じることが少ないということ。

 芸術を論じるのは面映ゆいが、一つ言えるとすれば、日常との不和、違和感のようなものが存在することで、芸術は芸術たりうると考えている。

 例えば、リンゴは赤い。我々はそれを赤いものとして教育され、刷り込まれてきたからこそ、画用紙の中央に紫のリンゴが一つ、ポツンと描かれていたら不思議だし、言葉にならない違和感を覚えるのではないか。

 

 そして、その違和感が我々の内に芸術を喚起し、何でもない事さえも、まるで大いなる意味を孕んでいるように思わせる。錯覚とも言えるそれは、間違い無く、錯覚だ。

 ただ、錯覚を錯覚と認めてしまえば、そこに内在する大いなる意味を獲得し損ねてしまいそうで、芸術ということにして、回答を留保する。私はそう思うが、これも錯覚かもしれない。

 

 ブルーズを好きになったことで、夜の街へ繰り出すようになった。と書くと、なんかハードボイルド臭が漂うが、ただ、友人の演奏を聴きに行って、あわよくば好きな酒を喉へ流し込み、人が集まり和気あいあいとした空気を吸い込んで、帰途に着くだけだ。

 それでも、そういう場でしか会えない人達がいるし、弾む会話を聞いているだけで楽しくなる。酔っているせいもあろうが。

 

 さて、どういう話を書こうか忘れてしまった。

 

 

 

 

 

 

2018年 いぬの野望いのししの展望

 

 明けました。毎年、思うのですが呆気ない。

 まあ、そんなもんでしょう。これから戌年ですが私は亥年生まれなので、特に際立った感慨にふけることもないけれど、一年の毛は元旦にあり、敵は本能寺にありって事で頑張ります。

 

 f:id:ume8yang:20180101165024j:image

 

 今年の主役は、犬なのに…。

 第一の目標というか抱負というか、ナントカはやはり鍼灸道に邁進する事。

 でも、それは古典鍼灸や本来の東洋医学を、現代の現場に融和させながら、人間生来の活力や気力、生命力といったものを賦活させるため、探究心を失わずに日々、ああでもないこうでもないを繰り返すって意味です。

 痛いのは皮膚表面や、あるいは筋だとしても、痛覚は神経系や内分泌系の影響を受けて発せられており、そこに古典鍼灸がどう関わっていけるのか、それを問いながら生きていたいのです。

 

 第二に、音楽。

 エレキベースを勢いで買ったもんだから、今度こそ、何とかしたい。曖昧に濁して逃げ道を作る、悪い癖をそろそろ止めたいし、そこを乗り越えなければ何も変わらない。

f:id:ume8yang:20180101170726j:image

 

 第三は投資生活。

 上半期を終える頃には、手持ちの有価証券だけで現在の倍は保有しておきたいが、そこに拘泥すると苦しくなるのは目に見えている。ゆっくり積み上げる。

 金銭の話題はなるべく避けて生きてきたけれど、実際に投資を始めてみたら金融や経済、もっとミクロな視点では自分の消費活動に対しても、好奇心が湧いてきて調べることが増えた。

 

 私は鍼灸師だ。鍼灸専門の院を構えようと考えているが、本来の鍼灸を追い求めれば利益は出ないと思う。否、やりようによっては可能かもしれない。

 だから、私は鍼灸師という職業には執着せずに、鍼灸師の本分を果たしたいと思っている。

 選択肢が無限に溢れる世界で、どうして数少ない選択肢に拘泥しなければならないのか。人生は一度しかない。選択肢は無限。

 

 半端に終わらないよう、今から歩んでいこう。

 その道が独り寂しいというなら、犬を連れて行っても構わない。私は猫派だからいつか噛まれて、どことも知らぬ山道で野垂れ死にしているかもしれないが。

 まあ、それはそれでいいんじゃないか。

 

 

 

2017年雑感 其の三

 

 さて、そういう現場で働くからこそ、安定した毎月の給料がもらえる。同時に抱える、漠然とした寂寥は日増しに募り、その正体が分からない事に苛立ち、新しい環境への順応と相俟ってか否か、下半期はかなりストレスフルだった。

 ネイティヴアメリカンの諺に、「怒りは自分に盛る毒」というものあるらしいが、深く核心をついた言葉だと思う。矛先が他者へ向かったとしても、結果としてそのツケは己に返ってくる。

 

 職場と自宅を往復する毎日って、どうして窮屈なのか考えたこともないけれど、この機会に考えてみると、生命が常に変化を求め、変化に応じられるからと思った。

 朝昼晩でホルモンバランスは変わり、それはつまり、全身のあらゆる機能が変化するということで、そうやって生命を維持している以上、マクロな人間生活が変化を求めない訳がない、と言う結論。

 

 2017年は下半期になるに連れて、色々と考える時間が増えたけれど、それが善かった。

 暫く離れていた音楽との逢瀬が、エレキベースを買うまでの情熱へと変わり、某大手通販サイトでの出費増大へ繋がり、世界経済の循環に一役を買った誇らしさに泣けてしまう。いまもまだ、涙が乾いていないから不思議だ。

 

 そして、無知ながらも未知で始めた投資生活も、音楽と同じくらい離れていたけれど、駆け出し精神を忘れたくなくて再開した。結構、面白い。

 利益を追求したら行き詰まる。ただ、応援していたいだけ。

 戦後の頽廃から起き上がった日本経済の、計り知れない底力はまだ尽きていない。私は信じているし、その証としての投資だから貪欲さよりも、希望を持っていたい。恐らく、世界各地の投資家から見たら、甘っちょろい理想なんだろうけど。他人の視線を忖度しても、何も面白いことはない。

 それに、貪欲さは不満を生む。

 

 東洋医学鍼灸、音楽、投資。そして、日々の生命活動。

 自分にとって大切なものは忘れようとしても、いつか巡り巡って戻ってくる。ブーメランを投げたつもりはなかったのに、弧を描いて帰ってくるそれを見て、嬉しく思えたのは善かったと思う。

 これで、2017年を総括した事にしよう。

 

 言葉を尽くしても、尽きることのない情熱が 消えないように。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

2017年雑感 其の二

 

 すっかり忘れていた。

 そろそろ年末を締めくくる記事を書きたいなと思い、久しぶりに開いて、「あっ!続編書かなきゃ…(-_-;)」と、運命の再会を果たしましたので、ゆっくり書いていきます。

 

 ゆっくりと言っても、後にも先にも2017年は今日限りですし、作家ではないのに否が応でも、締切を意識してしまう訳です。

 f:id:ume8yang:20171231163840j:image

 

 これまでに34年間生きてきました。

 年明けの如月にはまた一つ齢を重ねるのですが、それは置いといて。

 後悔のない人生など無いと、恐らく誰か実のある方が申しておりましょうが、実のない私もそう思います。というより、私の人生をパッカーンと割ってみたら、きっと後悔ばかりでしょう。

 書いていて、そりゃ寂しい人生だなと思いました。

  f:id:ume8yang:20171231164304j:image

 

 さて、ようやく本題。と言えば、今までの何だったの?と感じる向きはありましょうが、私にもわかりません。

 今年は夏に転職、と言っても鍼灸師は続けておりますが、未知の領域に首を突っ込み、右往左往しながらやっとこさ、今日まで過ごしてきた次第で。

 

 訪問鍼灸は確かに、今後、発展が期待される分野かもしれませんが、2025年には社会保障費が行き詰まるかもしれず、非常事態には備えておかなければ施術者も、利用者も行き場を失いかねません。

 労働人口が減りながら、介護や医療を必要とする世代が増えていくとき、果たして国民皆保険制度は生き永らえることができるのか?仮に、生き永らえたとしても、その後に凄惨な状況が待ち構えていないか?

 

 ええ、急に真剣な話題になったので、私も驚いています。

 それまで勤めていた個人の整骨院を辞め、医療法人の後ろ楯がある現場に入った訳ですが、日常的に業務をこなすということは、確かに組織の枠内では当たり前だろうし、必要最低限なものかもしれません。

 

 ただ、この世の中に当たり前のものがあるとすれば、全ての生命が生きるために活動しているという一点であり、ヒトは感情を持つが故に、複雑ではありながら、楽しんだり悲しんだりしながら生きるのです。

 ヒトは組織や機構の歯車にはなれないし、なるべきではない。私はそう思います。

 

 少し格好いい事を書いたので、次回で終わらせます。

 

 

 

 

 

 

2017年雑感 其の一

 

 もう年が暮れようとしていて、10日後には新年を迎えているそうだ。

 心なしか、人心も慌ただしく駆け巡っているようで、後ろから来た車に抜かれたり、鈍くて警笛鳴らされたり、二段階右折は右折の合図出しながら左に行く訳で、なんちゅう迷惑な陽動作戦だと思ったり、原付生活にホトホトホトトギスって感じで、甚だ困惑しております。

f:id:ume8yang:20171221223111j:image

 

 社会人になるというのは、要するに会社人になるということなのだろう。

 個性を大事にという言葉の裏には、常識の枠内でという含みがあることを忘れてはならない。ただ、常識という、いわば退廃的な束縛の上に本来の個性は成立し得ないことも、同様に忘れてはならない。

 一歩常識の外に出てしまうと、非難集中、誹謗中傷が待っている。常識という蚊帳の内にいる限り、安全なのだ。

 

 鍼灸師になった、最初の目的を見失いそうになるのは、私がこの業界に生きている証だ。

 昭和の名人達が命懸けで守り、将来へ残そうとした鍼灸の姿は影を潜め、科学的根拠というギロチンの下に東洋医学が裁かれ、その真髄が伝えようとする、西洋医学からでは見えないもう一つの視点が粛清されていく。

 鍼灸が生きていくためには西洋医学に擦り寄ることが必要なのか?

 東洋医学を確立させ飛躍し、精錬させていくべきではないのか?そして、西洋医学と東洋医学は競合しながら互いに監視、成長しあえる関係を築くべきではないのか?

 

 生意気かもしれない。若造の戯言かもしれない。でも、それの何が悪いというのか。

 皆が皆、上意下達にいつでも従順だったら大惨事が起きたとき、拾える命でさえ落としかねない。いつもとは異なる視点が存在することで、そこには疑問符が存在しており、切り返すきっかけになりうるのだ。反証は確証である。

 

 20代、ギタリストになりたいと宣っていた。だけど、何もせず弱気になって今、ここにいる。

 過ぎた時間を後悔しないためには、それを埋めればいい。別の何か、例えそれが無理であっても。無理が無理であればこそ、後悔を忘れることはできる。そして、大切な気持ちも。

 しかし、後悔が何故、常に胸を締めつけるのかを思い返せるならば、後悔の原点に引き返す時期かもしれない。

 

 書いていたら熱を帯びてきて、長くなってしまったのでまた、次回に。

 

 

 

 

暮れなずむ暮れにcrazy世迷い言

 

 病気は心身が発するsignであると、人は云う。

 

 認識しようがしまいが、身も心も昼夜問わず、様々に活動している。食べることも寝ることも、ダラダラすることも全て、引っ括めて生命活動なのだから。全てにenergy が消費されている。

 たとえ本人が、「このくらいなんでもないよ」と言っている活動があるとして、それは経験や体質、性格など半ば後天的な要因も重なり、そう思えるわけで、心身からすればずっと続けてきた生命活動の一つ。疲れないわけがない。

 

 そして、心身は歳月を重ねた挙句、磨耗し疲弊もする。その結果、一線を超えた時、それは病や怪我として表面に現れる。

 睡眠不足による不測の事故、過労による緊急入院、心労の積み重ねによるうつ状態、など。

 苦しい思いをする中で、岩間から差し込む光明のような、思わぬ解決のきっかけが掴めればよいが、そうならないこともある。むしろ、そうならないことが多いように思う。

 

 現代は過労だ。私はそう思う。

 過労と言っても働き過ぎというだけではなく、全体的に動くことが善という暗黙の了解が求められ、休むことを否定的にみている向きが強い。

 人間は機械ではない。休まず動き続けるなんて、非人間的な活動だ。

 

 自律神経系には、交感神経系と副交感神経系がある。生命活動の機能面を強力に支える、そういう素晴らしい仕組みと思っているが、それは進化の過程で得た「gift」ではないか。

 そんな素敵な贈り物を無駄にしてまで、活動一辺倒に暮らすなんて狂気でしかない。

 

 現代はもっと休むべきであり、休むことを受容するsystem、枠組が必要だと思う。

 今では祝祭日が何なのか分からないほど、いつでも、どこかで眩しい照明がともり、寝ることを嘲笑うかのように、終日開店している。回転する歯車は、もう止められないのだろうか。

  常に張り詰めた糸は切れる。ずっと膨らませれば風船は割れる。

 

 私が、鍼灸師として目指すものは治療ではない。

 治すのは神経系、免疫系、内分泌系が十分やってくれる。鍼灸は彼らが最高のperformanceを発揮できるよう、陰陽を調整するだけで善いと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マラカスを握り哭いた夜 season two

 

 ギター好きが入口だったのに、今ではパーカッションや重低音が好物となってしまい、ズンズンドゥンドゥンしていないとムラムラしてくるっていう、訳が分からない体質に落ち着いています。

 これを落ち着いたといっていいのか、だってムラムラしているのですから、落ち着いていないでしょう。

 

 f:id:ume8yang:20171113202913j:image

 

このチョンマゲヒゲチャビンは人の気も知らずに、綿菓子にしか見えない、不細工なマラカスを振り、楽しげにクネクネフリフリしているのですよ。世も末です。

 

f:id:ume8yang:20171113203437j:image

 

 反省しているようで、何を見せつけてくれてんでしょう。この、ヒゲチョンマゲハゲチャビン氏は。

 名前ってどうでもいいんです、お互いに認識できれば。名前は意味ではないですし、名前を意味だと誤解するところから、大抵の悲劇は始まります。分からないけれど、そういうことにしておけばいいのです。

 

 反省しながらインナーマッスルを鍛えつつ、シャチホコの形態模写を行い、その上で泣くという、もはや芸術の域に達しています。こちらが反省しなければならないと、妙な説得力というか、後光が射すような神々しさを放っていますね。

 ハゲとかヒゲとか、チャビンとかチョンマゲとかいって申し訳ない。半数が、単なる身体上のパーツなんだけど。まあ、謝っとけば宜しい。

 

 さて、音楽とは無縁の話に落ち着いたところで、また次回に。

 『源氏物語』や『古事記』くらい長い物語になるかもしれないな。

 

 

 

マラカスを握り哭いた夜 season one

 

f:id:ume8yang:20171105205821j:image

 

 マラカスっていうより、綿菓子みたいですけど。 地面に落として哭いてる、みたいな。

 綿菓子ってそういうところ、ありますからね。そりゃあ誰しも、ロバート・プラントばりのシャウトを出すでしょうよ。

 

 音楽は好きです。否、音楽が好きです。

 

 細かいのは多分、他の記事に書いたような気がするので割愛します。

 そんなこんなで時は流れ、こうして鍼灸師になった次第ですが、 文脈が大いに飛躍した感が否めません。確かに飛躍することも大事だけど、5年分の飛躍を使い切ったかなって思います。

 それよりも、割愛したところから飛躍するって、もはや暴力でしょう。

 

 f:id:ume8yang:20171105212023j:image

 

 「ただいま、5年分の飛躍をしたチョビヒゲチョンマゲ野郎を、お連れの方が探しております。速やかに帰ってきやがれ、fuckin’ guy

!」

 一旦、戻りましょう。

 

f:id:ume8yang:20171105212353j:image

 

 戻ってきました。しかしながら、もうこんな時間で扉が閉まっており、中には入れません。

今夜は野宿しそうです、いわゆる、野営です。

f:id:ume8yang:20171105212902j:image

 

 なんか楽しそう。

 支離滅裂でよく分からなくなったので、今回はこれまでに。

 また気が向いたら、恐らく、好きな音楽について語り出します。それまでは時が満ちるのを、チルチルミチルって念じながら待ちます。

 

 f:id:ume8yang:20171105213232j:image

 

 敬具